AC研究情報(ARMORED CORE for Answer):貴方にとってAC4の答えとは?
ACPOT4
?レイヴンカウンター
?カテゴリー
全記事一覧
ARENA-BATTLE7
AC4CCG1
BIT-STYLE11
新レギュ1.63
旧レギュ9
全般67
考察13
研究・動き方16
詰める技術3
サブアカ2
火力計算4
初〜中級7
基本的事項11
回避技術4
QB関連11
脚部*軽量14
脚部*中量4
倉庫1・データ5
画像3
動画7
動画企画大会2
対脚部攻略全般2
対逆間攻略4
対軽2攻略1
対中2攻略1
対重2攻略2
対タンク攻略3
対四脚攻略1
多人数戦5
スタビライザー2
戯言18
武器:腕部11
武器:背中1
武器:肩2
エンブレム3
デカール1
レギュ案企画9
ミサイル関連5
Buzz-Style7
BFF-Style5
オート・マニュアル3
FCS1
脚部*四脚10
タッグトーナメント大会9
ACfA情報19
ミッション5
fAパーツレポ1
?レイヴンズリンク
?オフィサポ
?AC4適正武器分析
online名を入力

?AC4適正武器分析2

ONLINEネームを

?ブログランキング

FC2 Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[------]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20070324]

えー、ここ3日くらい引き撃ちの練習
及び硬化機体対策の為に
重2を使い始めたが、
なんと予想を裏切り勝ちまくってしまった。

レートも22000付近まで…

軽2でがんばってた日々は一体…と嘆きそうになってしまった。

自分なりに原因を分析してみたところ

1・高APは事故が少ない
2・引き撃ち対策がイマイチな人が多い
3・友達の使っていた機体を使わせてもらったのだが、その完成度が高かった。
4・残念ながら打ち合い前提の動き方が身についていた。

だいたいこんなもんかなと思う。

しかし敵も多いのも事実で
W高速マシンガン・引きスナ・腕バズなんかが鬼門

しかしほとんど約8割の人が面と向かって打ち合ってくる。
それはそれでしょうがないし、人それぞれなので構わない。

腹も立つがアンチアセンで対抗してくるのもしょうがないが
ずっと逆間使いだった人が突然そっくりな機体で現れてくる事もあるらしい。

友達は昔からアセンのセンスがあったし、実際ウマかった
サイレントラインのときなんかは死ぬほど対戦しまくたし
いつも組む機体はとても完成度が高かった。
オンで対戦するときもこっちが軽2で向こうが重2で対戦なんか
してたけど、やっぱり強かった。

んで、今回真逆の立場で対戦してみると実に色々な収穫があった
まず、逆間については軽2のときと同じような対策で
効果が得られたこと。対逆間攻略を参照してほしい。

中2ははっきりいってコンセプトがよくわからない機体ばかりで
記憶に残るような人がほとんどいなかった、
あえて言えばレーザーが多かったくらい。

タンクは腕バズ・引砂のどちらかしかいなかった。
まぁ最強だろ今回は…とタメ息一つ

軽2についてなのだが、自分がやっているような動きをする人が
何人かいたのだが、実際受けに回ってみると
高APと硬化な機体差をひっくり返すには
相当の技術と度胸が必要なのだと再認識させられた。

また、約半分の人が軽2で正面をブンブンと飛び回るだけで
打ち合いになっている。

アンチアセンのマシンガンはうまく立ち回らなければ
結構嫌なもんだ、ヘタに飛び回るよりは地上で交錯させまくる
動きは有効なんだなと思った。

しかし、実際自分が有効だと思っていた動きも簡単に対応できてしまったのがかなりショックだった。
まぁ自分が使っていたから予測できたのもあるが、
高ランカーなどにも勝てたのがどうにも腑に落ちない。

一部昔からこの人はうまいよなーと
思う人たちには流石に負けたが
結局アセンとその機体性能をうまく引き出しているだけで
+αが感じられなかったランカーも多かった。

んで、アセンについて重要な基本事項を再認識したわけだが
それは…
1・どう戦いたいのか
2・その為にはどの脚部を選ぶべきなのか
3・その脚部と戦い方にどの武器を選ぶのか
4・その選択で苦手な相手は何か、又相性のいい機体は何か
5・ではどういう状況が理想的なのか

まぁ当たり前のことなのだが、なんとなくで組まれているアセンの
多いこと多いこと。

まぁひとそれぞれに拘りがあるのなら、それはとてもいい事だと
思うし、W射突なんかは見ていても凄くカッコイイと思う。

しかし、単純に勝てればイイとか、
ポイント上げれば全てヨシと考える人たちについては
個人的にはあまり見ていて気持ちのいいものではない。
じゃあタンク使えよといいたくなる。

(いろんな対戦をして、コレはいいなとか思って取捨選択
するのは当然だし、けなすつもりはさらさらないが
愚痴なのでカンベンしてちょ)

もちろん昔からのタンク使いには頭が下がる
不遇の時代でもずっと頑張ってきた、そういうのはカッコイイと思う。

しかし、結局のところ高火力・高APが強い世界になってしまうと
流石に疑問を感じてしまう、ラストレイブン・ネクサスの再来か?と…

確かに、技術でカバーできる事も多いし、面白い部分もあるが
強い流行アセンを組んだもん勝ち的な世界では
テクニックを駆使してとか、研究とかまったく持って意味を
成さなくなってしまうのではないか?と思ってしまう
だったらレギュ1.2の同じ機体同士、技を競い合うほうが
またマシな気がする。

今回と前回の何が違うか
それは鈍足な機体同士戦えば、高火力が勝つということ。
また、腕の運動性能の向上で軽2の動きすらも
用意に捕らえる事が出来てしまう事。

らしくないが、愚痴ってしまった。

悲しいけどコレ現実なのよね byカイ・シデン

最悪だ間違えた、一部の業界の人に怒られてしまう…
という事で訂正
悲しいけど、これ戦争なのよね byスレッガー・ロウ
スポンサーサイト

[20070321]

先日あるレイブンから一通の手紙が届きました。
紹介します。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
拝啓 リンクス様

私は、とある企業の専属傭兵レイブンです。
実はある作戦で、重量級のネクストを撃破してこいという
任務を受けました。
私の駆る機体は軽量2脚ですが、あまりの硬化な機体に
こちらの攻撃はなかなか通じず、撃破されてしまいました。
なんとか生き延びる事は出来たのですが、新しく他の機体を
購入するには、その任務をなんとか成功させなければなりません。
私に、対重量2脚の攻略法を教えてください。


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
深刻な悩みです!

まず基本に立ち返りましょう。
軽2は高機動・高旋回が最大の武器です。
重2は高防御・高積載が最大の武器です。

大雑把な目算をすると
実弾防御 軽 6000重12000  2倍
エネ防御 軽 6000重 9000 1.5倍
AP    軽33000重47000 1.4倍
PA性能  軽 7100重 6600 1.07倍(有利)
旋回比較 軽 2600重 1700 1.5倍(有利)

つまり
同じ実弾ライフルを同じ数当てたとしても
PA性能を除くと、2.8倍の数を当てなくてはいけない。
同じエネライフルを同じ数当てたとしても
3倍の数を当てなくてはいけない。

どれだけキツイか現状を把握できただろうか?

では、どうするか…答えは決まりきっている。

当たらず当てろ

対処方法としては、旋回の低さを徹底的に攻めるしかない。
つまり、200以内の距離の中でいかに捉えにくい動きをするかになる。
しかし、それまでに近づくにしても、スナイパーキャノンやミサイルの弾幕の嵐を
掻い潜らなければならない。

はっきりいって追尾・垂直のミサイルは1/3もしくは、半分回避できれば
十分だと思う。
注意したいのはスナイパーキャノン。
これをくらうと4000はもっていかれる。これを何発食らうかで
勝敗は決してしまうし、後半の近距離戦が格段にきつくなる。
避け方という具体的な方法は二つある。

1・遠距離の場合、相手が撃ってきたと分かった時点で横QBし
リロードを計算しながら、予測で回避し、前回紹介した、偏差射撃回避方法で、左右に重厚をブレさせていく事。

2・スナイパーの弱点は射撃舵角が極端に狭い事。
約正面70度くらいの方向(左35度右35度)にしか向かないので、正面から迫ってくる場合には、斜め方向、つまり自分が攻めたい方向に詰めていく事が重要になってくる。

そしてある程度近づいても、300くらいではまだ当たる可能性があるので
撃った後リロード中に一気に近づくか、もう300以内に入り込んだら
横QBなどで、キャノンの鈍足な動きを利用しつつ、一気に接近する。

接近したら
・必ず正面に立たないこと。
・相手と同じ方向に動く事。
・上空を制したい場合斜め方向に飛び、相手をよく見て相手の旋回方向と逆を意識して旋回していって、真横・真後ろまで飛ばないと相手が捕捉されていると危機意識を持つ事。
が挙げられる。

また、同じ武器ばかりをずっと当てていても
中に乗るリンクスは次第に状況になれてしまい、対応される場合があるので、ときには撹乱させる目的で違う武器・この場合ミサイルなどを当てていけば良いと思う。

また左右同じ武器の場合、マガジンリロードが同じタイミングで切れる事があるので、
少なくなってきたら、どちらかを節約し、片方のリロード時間中にも攻撃できるように心かげること。
大事なのは、攻撃されているというプレッシャーを与え続ける事と。
PAは少なければ少ないほどダメージは上がるので、気をつけたいところ。

しかしどうしても、正面で打ち合う時間が出来てしまうので、そこから
回避するには、エネルギーが少なくても1/3は残っていなければ
状況を変化させるには厳しいので、いい状況だからといって
調子に乗ってQB連打する事は控えたい。

また、重量級の多くは引き撃ち・正面からの打ち合いを想定しているので、
こちらの攻撃・突進をうまくいなされる事が多い。
重凹軽凸(じゅうおうけいとつ)と勝手に頭の中で四文字熟語作ってしまったw

ここで、詰める技術の応用になってくる。
実は、引き撃ちと突っ込みの二つの差は射撃の際に当たりやすさの
関係は以前に紹介したが、それ以外にも決定的な差というものがある。

それは、サイト(視野)が広く使えるという事。
つまり、引いている間は相手が左右前後どう動こうが
引いてる分には、その相手の移動幅は遠近法の如く小さく見えるからだ。
逆に突っ込むほうは、接近しようとする為
相手が左右に動いただけで、引くほうに比べて大きくなってしまう。

何度も同じことを書くのは忍びないが、復習だと思って
見ていただきたいが、詰める際に
もう一歩踏み込めない、または相手を飛び越える事ができない
というレイブンは、相手の移動する方向に向かって斜めに飛んでほしい。
図解にすると

○⇒⇒⇒*
    ↑
   ↑ 
  ↑
●↑

以上だ、レイブン君の活躍に期待している。


注:登場するレイフン及び文章は私の勝手な妄想です

 

HOME
copyright © 2005 ACPOT all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
ACPOT4=DOKUDAMI


?タイトル一覧表示
いっとく?
?最近の突込み
?最近の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。