AC研究情報(ARMORED CORE for Answer):貴方にとってAC4の答えとは?
ACPOT4
?レイヴンカウンター
?カテゴリー
全記事一覧
ARENA-BATTLE7
AC4CCG1
BIT-STYLE11
新レギュ1.63
旧レギュ9
全般67
考察13
研究・動き方16
詰める技術3
サブアカ2
火力計算4
初〜中級7
基本的事項11
回避技術4
QB関連11
脚部*軽量14
脚部*中量4
倉庫1・データ5
画像3
動画7
動画企画大会2
対脚部攻略全般2
対逆間攻略4
対軽2攻略1
対中2攻略1
対重2攻略2
対タンク攻略3
対四脚攻略1
多人数戦5
スタビライザー2
戯言18
武器:腕部11
武器:背中1
武器:肩2
エンブレム3
デカール1
レギュ案企画9
ミサイル関連5
Buzz-Style7
BFF-Style5
オート・マニュアル3
FCS1
脚部*四脚10
タッグトーナメント大会9
ACfA情報19
ミッション5
fAパーツレポ1
?レイヴンズリンク
?オフィサポ
?AC4適正武器分析
online名を入力

?AC4適正武器分析2

ONLINEネームを

?ブログランキング

FC2 Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[------]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20070731]

私は以前にレイブンという名前の呼び方を間違えていました。
特に意識しない場合、声に出したときの音をそのまま書いていました。

気が付けばブをヴと書きますが
なんというかこういう間違いって日常でもありそうな
感じで怖いなと思いました。

そこで、レイヴンをいつもの通りウィキってみました。

ワタリガラス(渡鴉、学名 Corvus corax)は、スズメ目カラス科の鳥。
英語名は「コモン・レイヴン (common raven)」
あるいは「レイヴン、レーヴァン (raven)」
すなわち「フツウオオガラス(普通大鴉)」である。

「ワタリガラス」という日本語名の由来は、日本では渡り鳥として北海道で見られることに由来する。
オオガラス(大烏)とも呼ばれる。

英語の「レイヴン」には、「黒い髪の色」という意味があり、これは日本語の「烏の濡れ羽色」と類似している。

PS及びPS2、PSP、PS3、Xbox 360用ゲームソフト『アーマード・コアシリーズ』の世界で、アーマード・コア(Armored Core,AC)と呼ばれる有人機動兵器を操る傭兵の総称。


だそうで、内容は一部抜粋です。
まぁ、どうでもいいことっぽいですが
こういう微少な日本語の間違いは、いずれ恥の元になりそうなので
ちょくちょく直したほうがいいかもしれませんね。
スポンサーサイト

[20070607]

おはようございます、

まず最初に、リンクのさるさる日記さんの名前が
間違えていたようで、ごめんなーい。

正しくは、リュウの徒然駄文 です。
なかなかステキな考察されているので、みなさんも是非
参考にされてはいかがでしょうか。


んで、とりあえず自分の機体が完成したので
晒すというか、紹介します。

頭 アーリヤ
コア アーリヤ
腕 BFF
脚 オーメル
FCS 黄色01
ジェネ GA重ジェネ

メイン ポラリス
バック アーリヤ
サイド ホロフェレンス
OB   ランスタン

右腕 047
左腕 047
右肩 近接信管
左肩 弱分裂
肩  閃光弾
格納 なし

スタビ 頭にアイスラッガーみたいなのだけ

チューン
出力・積載・運動性能・前B・前QB・旋回

こんな感じです。

はっきり言って、強アセンではありません。
特定の距離・状況で勝てる物もありません。

しかし、全てのレンジにおいて嫌な戦い方ができると思っています。
正直言うと、1.3のときには機体+マーブ君が強すぎて
その機体性能を存分に出すことを念頭においていたのですが

今回は、火力も高くないし旋回も高くはないが
腕を上げる為にはもってこいの機体なのかなと思っています。
40位以内まで気合で入る覚悟でやります。

それと、なぜ弱分裂なのかというと
火力は散布などに圧倒的に負けていますが
そのリロードの速さは遠距離で十分な圧力になりますし
047とBFF腕ならば、遠距離でも当たる可能性があります。

オーメル脚とアーリヤコアにした理由は
中距離戦での回避力の技術向上の為と、レーザーとの打ち合いにも
ある程度善戦できるようにしたかったためです。

結構負け込んでいますが、自分の腕次第なので
負けたときは、うまく対応できなかったことに敗因があるので
ムカツキますが(汗)これで安定的に勝つ事ができるなら
腕も上がったということになるのかなと思います。

万年ランクギリギリというのも癪に障るので
上位目指すためには、そろそろ次の段階に
入らなければいけないのかもしれませんね。

[20070603]

こんばんわ。夜風が気持ちいい時期になってきましたね

今回は、上手く公式やオンが出来ないので
じっくり1.4ではどういう傾向なのかを考えてみたいと思います。
って言っても前の記事とかとかぶり気味なのは勘弁して下さい。

まず、ミサイルについては、追尾の絶滅と垂直の段数変更等があり
汎用な使い方の出来るミサイルが少なくなりました。

という事は、要所要所の使い方が大事になってきている。
しかし、その要所というのは
今現在背中武器のミサイル以外で有効な武器というのは
スナ砲くらいしかないのが現状であり
また、命中率の観点からも難しくなっています。

次にライフルについてですが
マーブの弱体化により
現状有効なライフルは100Rと051の二択です。

これが意味するところは、マシンガンなどとの差別化を図っていると思うのですが、他の高火力武器いわゆる一発系の武器に対する
抵抗力が下がっていることも忘れてはならないと思います。

次に中2・重2の強化により
正面での打ち合いの時間も多くなりました。
このことからも、距離別での支配権がより重要になった気がします。
つまり、ただライフルでの打ち合い→動き
という要素が若干少なくなっています。
1.4では、ライフルでの打ち合い→機体バランスの次に動きになってきています。

例えば、軽2同士で打ち合いがあったとして
サラフコアとアーリヤコアでは後者の方が硬く有利ですが
ENの分上手くサラフのほうがいなしきれるか?といえば
それは限りなくNOに近いはずです。

つまり、出来るだけ硬くしながらも動けるようなしたりと
機体への比重がより強くなってきています。

色々な機体へのアンチが増えた起因は
・中2の強化
・弱小武器の救済
・強武器の弱体化

この3つが大きな要因ですが、いくら上手くても
アンチや相性の悪い相手を前にすると
たとえレートが2000開いていようと、キツイです。

あと、反動武器が大分増えてきていますが
コレについても若干首を傾げてしまうところもあります、ハメられて終わりっていうゲームもどうなのかなって思います。
まぁしょうがないですね。

つまり、反動武器=強武器になりやすい。っていうのもあるかもです。

次に、慣性の変更+色々な脚部の旋回変更によって
より顕著な正面での打ち合いが多くなっています。
こうなってくると、硬くて高火力でバランスの取れている機体が
安定的な勝率を上げられると思います。

先月の終わり頃に中2レーザーの方がいらっしゃいました
そして、水上だったのてすが
本当に閃光弾がない限り無理かなと思いました。
中々、無理とまで思うような機体や人はいないのですが
上手い人に使われてると本当にツライ機体です。

そして、高火力・高射程の武器が多くなってきていますが
これに汎用武器で対抗するには、ワンミスが命取りです。


まぁ、レギュごとに色々な強アセンが出てくることは
全然普通のことなんですが、イマイチフロムがどういう方向を
目指しているのかが分かりませんが

より、正面戦闘をさせたいのか
オートロックを外させたいのか
別の何かがあるのか

何かあるのかもしれませんね。

若干上位にいた人たちが少なくなってきているのは寂しいのですし
ブログのほうも新しいところをみつけることができません。

少し熱がさがったのでしょうか。


次からはまた考察・攻略あたりをやってみようと思います。
何がいいかなぁ・・・

[20070523]

※アレコレと調査の結果、Marveと近接信管がどうもクサイですねラグの
ってかさ、俺の機体全部だめって事?
マーブは強武器(1.3)→使い難い武器(1.4)→ラグ武器(現在)ですか。
100Rで試したところ、ライフルのみでは特にラグは確認できませんでした。
近接信管を使いまくると若干の処理理尾は昔からあるものの
反動武器よりは、ある程度ラグの原因にはなり難いようです。
腕バズ・ショットガン・マーブ・高機動四脚あたりが今のところ分かっている分では臭いですね。
もう、プチプチでも潰してないとAC4に耐え切れない\(^o^)/



引きスナタンクとレーザーはやっぱり強いですね
どうしても勝てません。まずいのぅ

只今模索中&クールダウン中
イライラしちゃうと負けです。

今晩にでも、何か対策考えよう。

アー・・・またラグが酷過ぎる。
腕バズスナ砲と戦ってからずーっと、
別のその人が原因なわけではないですが、またゲームになりません。

誰か、フロムの苦情受付知りませんか?いい加減切れそうです\(^o^)/


てなわけで、色々調べてたら書き込みはっけーん

>>現在慣性の仕様変更により、ラグが非常に頻発しており本気で対戦をするのには宜しくない環境となっています。
速度の伸びの緩急が付いた事を射撃補正が考慮しておらず、かみ合ってない為にワープでは無く純粋に当たっていない可能性もありますが…。
慣性による速度の伸びを緩和するなり補正を改善するなり何なりして、早急にどうにかして欲しいものですね。
正直な所対戦になりません。

特にマーヴェはこの現象が非常に起こりやすいです。

[20070520]

こんばんわ。
オン大会も無事に行われたようですね
いきたかったなぁ~、まぁ急用でいけませんでした。
急用というのは…
日帰り温泉&マッサージ&肉だったんですがね

そのマッサージというのがカカトでゲシゲシ蹴られる奴で
悲鳴上げてました。でも一部では絶大な信頼を得ているものらしい。


まぁさておき、今回のレギュで一二位を争う変更点といえば
慣性の変化ではないのでしょうか。

あまり詳しくない方ももしかしたらいるかもしれませんので
簡単におさらいしておくと…

重い機体ほど、速度の減少が少なく
軽い気体ほど、速度の減少が早い。


こんな感じです。
ちなみに、慣性っちゅーもんを調べてみましたが
は!?ってくらい意味ぷーなので、単にコピーして読むと眠くなると思うので適当な解釈をすると。

慣性とは、物体が運動状態を変えるときに抵抗する性質らしいです。

つまり保守派か

んで、質量があるほど強い慣性がある。
まぁ、鉄球転がすのとテニスボール転がしたら同じ大きさだったとしても鉄球の方がゴロゴロ遠くまでいくって感じですね。
ちなみに私の攻撃も中々止まりませんhehehe(冗談)

でだ

余剰積載で慣性が変わる?ってワトちんが言ってましたが
上記のことからすると、重いからじゃないか?って思うのですが
ここから一つの仮説を立ててみると
脚部の重量は他のパーツよりも速度変化の優先度が一番高いのかなって思います。
武器よりも体のほうが変化高いしさ

まぁムツカシイオベンキョーはここいらにしといて

こう考えると、軽2はすぐに失速してタンクは一回の移動で
より長く移動できることになるわけで・・・

ダメじゃん!

まぁ、別の視点で見ると
軽い機体ほど、左右の切り替えしの速度が早く
重い機体ほど、左右の切り替えしの速度が遅い

つまり、軽い機体ほどブンブンして弾かわして
重い機体は、面と向かってぶち当たれって事ですか

更に別の視点で考えると
軽い気体ほど、切り替えしが多くなる為にENいっぱい使う
重い機体ほど、切り替えしが少なくなる為ENあんま使わん

フロム・・・貴様・・・まじで・・・ハァハァ


つまり、現時点での独断と偏見で考えると
相対的に、重2と四脚あたりの強化を考えて

1・軽2逆間あたりの速度維持を減退させ重2と四脚の高旋回を有利に働くようにした。
2・接近時の機敏なタンクを殺すため旋回の低下とQBなどの切り替えしのクイックさを落とした。
3・重めの機体の慣性による速度の維持で、偏差射撃をより有効にさせて、当たりやすくしようとしてる?

こんなところっすかね。
何を思って計算式を変えたのかまだ真意がイマイチ見えませんが
軽2・中2あたりでまだまだ頑張りますよ。

あ、あと重2とかタンクは強いなとは思いますが
別に恨みはないのであしからず


[20070516]

こんばんわ、丑三つ時のACPOT4です。

しばらくやってみてちょいと感想をグダグタと…

まず、MARVEの弱体化は流石に凄いものがあって
今までのような感覚では使えませんでした。
ただ、やはり瞬間火力はライフルの中ではぶっちぎりです。

今までとほぼ変わりなく他のライフルの1.5倍の火力です。
ただ、弾速が遅くそこらへんを加味すると
突撃型ライフルの本来の姿に近くなったような気がします。

確かに火力は高いのですが、オールレンジで100Rと比べると
トントンか負けているかくらいになりましたね。

重めの中2以上からは今までのような当たり方はしますが
オールローゼン機くらいになると引きの早さもあり
厳しくなりました。本当に突撃しないと無理です。

軽2に関しては、消費ENが300サラフは上がってしまいましたが
実はそんなに痛くは無いはずなんです。
ちょっとスタビやら、武器とか調節すれば300なんてもんは直ぐに
取り返せる値です。
ではなんで、みんな動けなくなったかというと
QB使用時の慣性移動距離が少なくなっているで
余計にQBを使ってしまう現象が見受けられます。

例えば、私が1.3のときに使っている軽2フレーム
アーリヤ・サラフ・テルス・サラフで
サイド12のQBを吹かした時の
1.4と1.3の体感移動比は3/4くらいに落ち込んでいます。
もう一歩か二歩足りない感じですね。
その代わり、切り返しのQBの加速が付いているので
よくオートサイトが見切れる事があります。

ここらへんの動きを応用して動けるかどうかが
1.4で軽2が生き残るひとつの道かなと思います。
無理は死角取りよりも、近接でどうやって
相手の補足を振り切るかが、重要かと。
横・後ろを取るよりも、若干斜め方向からの攻撃が
有効なのかも知れません。

しかし、ライフルの弱体化に伴う、撃破時間の増加により
軽2はより厳しい境地に立たされています。
ここで重要なのは…
100R型でいくか、MARVE型でいくかの選択肢が考えられます。

100R型は決して無理をしない。が火力は普通なので
巻き返しは厳しい。
MARVE型は無理をしなければならないので、博打要素が多少でてきたのかなと思います。

どちらともに共通するのは、追尾・垂直・マルチの弱体化というのは
背中武器の弱体化とほぼ同じ意味を持ちます。
はっきりいって、この三つが手武器に対抗できる武器だったからです。

んー・・・ここまで書いて路頭に迷ってしまった・・・考え中

という事は、ただでさえ動きにくくなった軽2(軽めの機体)に
そこまで信用性の無い武器の負荷に耐え切れるのか?
という問題もでてくる。

マルチはまだ使えるレベルだが、垂直の弾数低下は痛すぎる。
あんな少ない弾数では重量級には蚊に刺された程度だから

つまり、追尾以外はどれも弱くはなったが
まだ使おうと思えば使えるのだから、戦えないことも無い。
だから、ある程度のレベルの相手は平気だが
上位ランクの強アセンと対峙したときにどうすればいいのか。
中2ライフルに果たして安定的な勝ち方があるのだろうか。

これ以上の考えが浮かばなくなってしまったので
今日はここまでにします…寝れねーよ・・なぁ

[20070515]

まだ、未整理なのだが

重量は重い機体ほどより強く慣性がかかるようになった

つまり、中・重・四・タンクあたりでは
左右にブンブンすると、長く速度維持される為
切り替えしのスピードが遅くなると言うこと。

若干タイミングが狂ってしまうので、QTとかも今までのような
タイミングでは使いにくくなっている。

逆間や軽2は急ブレーキがかかる感じなので
切り替えしなどは早いが、慣性での速度維持が辛いので
クイックな動き方が求められてくる。

ここがもっさり感の原因かと思う。


[20070515]

今晩から大混乱の幕開けとなりそうです。

今回は、私の感想というより
なんでこういう修正をしたのかを考えてみたいと思います。

まずは、パーツ(体)から

頭部について
特に問題点は無いと踏んだのだと思います。
確かに現在のバランスは問題は無いのですが、もう少し検討の余地はあるとは思いますがね・・・

コアについて
1.3ではテルスコアが凶悪でした。SLでいうところの008みたいな
んで、それに対しどうしたかというと重量での差別化を計りました。
あくまでもテルスコアは重量級コアでオーギル・BFFは中量級とする。
確かに軽くなるし、早くもなります。中量級ではここのアプローチで
近接戦は大分変わってくるのかなと思います。
では、なぜ、オーギルの実弾を下げたかというと
BFFとの差別化を計ったのだろうと思います。
アーリヤコアは中々面白いと思います狙いとしては。
軽コアとしての位置づけですが、PA能力が高いので
打ち合いも出来るコア担ったのではないでしょうか
ただし、全体的に消費EN=回避率になってくるので
面白いだけかなと思いますが。

腕部について
こちらも、テルス腕がやばかったのですが
同じアプローチで相対的な弱体化を計っていますね。
重GA腕はまぁ相変わらずダメですね、あれは相変わらず凶悪のままです。
オーギルは更に万能に近づきましたね。ただ消費ENが高いという
障害があるので、バランスブレイカーにはならずに済んでいます。

アーリヤは2180の軽さになったのですが、軽腕とどこで差別を計ったかというと、消費ENになりますね。

ヒルベルトはあの能力で正解かなと思います。
テルス腕をほぼ超えている能力ですが、重量がちょいとキツイ。
やっと選択肢に入りましたね。

中量腕部は重量が軽くなっているので
ロック維持能力が高くなりました、運動性能は据え置きで
という事は、テルスの運動性能は更に低くなっていると考えられます。
ただ、1.3の頃も使えていたのでどうなのかなとは思いますが・・

そして、軽腕は正直終わってます。
中量腕を積む事がほぼ前提の軽量級ですが
ライフルを扱う場合は中量腕になりますし、相対的に
旋回が上がっているので、軽量級も飛び回っててもダメなので
軽腕は死んだかなと思います。特化向けパーツになりますね。

脚部
一つ一つは書きませんが
中脚はかなりいい感じですね。これ以上上方修正すると
軽量を喰ってしまうのでこんなもんかなと思います。

しかし、重2はいかがなものかと思います
ランカークラスの重2は1.3の頃でも十分強かったです。
ただ、そこまでの域に達していない人たちについては
使いにくかったのかもしれません。
それとタンクに対しての対策修正もあったのかもしれませんし
マシンガンなどの対策修正かもしれませんね。
完全に強アセンの仲間入りをしたのかなと思います。

逆間の修正無しは、納得半分・疑問半分といったところで
玄人向きの脚部には変わりありませんが
いくら中2・重2が速くなろうと、死角取りできるまでではないので
正面決戦の場合はやはり逆間が強いですし
天敵の軽2もマーブと不思議な速度計算のせいで動けなくなりました。
という事で、逆間据え置きもまぁ納得。

四脚はナイスですね。
旋回もいいですが、横方向のブーストも制限解除されているので
地上戦ではストレス無く動けます。消費ENが挙げられていますが
絶対に空中には飛ばせないぞという陰謀を感じますw
部類としては、飛べないけど地上戦軽2並の速さと中2の硬さって感じですね。

タンクは旋回が低くなりましたが、軽スナとレールガンという新たな
武器を手に入れたので、長距離はかなり強いかと…
近づいてからのマーブが弱体化し、そこに何を持つか
何で対タンクの場合攻撃するかも見物です。

そして最後に軽2ですが
もっさり感や多少の弱体化は構いませんが
一番重要だったのが、ライフルの弱体化で
これをどうするかが、非常に厄介です。
以前より火力が減り、他の脚部の旋回が上がっているので
死角からの攻撃時間は減ります。
という事は、今までのアプローチではきつくなるので
中距離戦で速さを活かした回避か
ECMを使っての、本当に撹乱特化するしかないかもしれません。
難しい脚部№1になりました。

内装がいじられてないのが残念です。
ジェネ・FCSは全然改良の余地があるのですが
今後に期待したいですね。

とりあえず、パーツについては以上です。

[20070512]

5月14日(月)16時ver.1.40の配信を予定。

ver1.40では、
 ・一部脚部パーツを除く、脚部の旋回性能を底上げ
 ・中量腕部パーツ、中量脚部パーツの性能見直し
 ・一部、特に性能の低いパーツを中心とした、
  武器パーツの全体的なバランス見直し


やぁぁぁぁぁぁっこさきましたね、1.4

という事で、細木POT先生が1.4の予測をしてみましょう。
追記:ちょっと抜けてたりしてたので、詳細でも書き足そうかな

1・中2がぐぐんとふえます。最初はライフルで100R持ちがたくさんでますがその後レーザー持ちに変わり、強アセンの筆頭となるでしょう。
たぶん、中2の脚のENが引き下げられて、旋回も若干よくなると思います。使いやすくなったぶんいままでの硬めの軽2のような存在に近くなると思います。最初は動けて硬く使いやすい機体を求めるでしょうが、重2などの硬めの機体に対抗するためにレーザーに移行する人が増えると思います。所謂引き中2レーザーみたいなのが。

んで、テルスのパーツは全体的に引き下げられる可能性が高いので
性能が向上すると思われるレイレナのパーツがEN兵器を扱う上で
欠かせない存在かと思う。
もしくはバランス重視のローゼンか、攻撃特化のテルスか、そういうパターンになりそう。
性能が上がったとしても、正面戦闘は避けられないので
重2・タンクなどにはきつくなるのかもしれない。
しかし、軽2マーブ機などには今までよりも遥かに戦いやすくなると思う。


2・軽2がキツクなり減っていくでしょう。ショットガン四脚・中2・マシンガンの強化などにより
軽2は今までのような速さと高火力の半ばゴリ押しの戦いは
キツクになるかもしれない。ただし、1.3の逆間のような極端な
減り方はしないであろうが、単純に使い手は半分になるとは思う。
撹乱専門の脚部になるので、ある程度の速さで打ち合うのなら中2のほうが使いやすいと思われるからだ。


3・引きスナタンクは相変わらず強アセンで上位に残るでしょう。
タンクの修正については、未だ謎だか
せいぜい、内部ブースターの調整と旋回力になるであろうから
引きスナタンクとしては、まだまだ強アセンになると思う。


4・中2で一番相性が悪いと思われる、重2がアンチになるでしょう。
中2は全てのレンジにおいて戦える脚部なので
ある程度の強さまでは直ぐにたどり着けると思う。
しかし、レートで言えば20000ちょいの強さまでがせいぜいだと思う。
上位ランカーまで狙うのであれば、相手の挙動やバランス感覚が問われてくる、非常に難しい脚部なので下手すれば正面戦闘になりすく
その場合、同じような戦い方を好む重2にはキツクなると思う。


5・四脚の旋回性能が上がり、ショットガンは軽2に変わり安定性能の高い四脚に取って代わるでしょう。
四脚がどこまで旋回をあげるかは未知数だが、2000まではいくんじゃないかなと思う。そうすると、地上戦メインの機体になるのだが
反動制御の高さもあって、新たなショットガン機体の可能性も出てくる。


6・マシンガン(ガトリング)の初心者使いが更に増えるでしょう。そしてそれが重2のアンチになるでしょう。
マシンガンの射程距離+火力が高くなり、100Rやマーブに火力で対抗できるところまでいくかもしれない。ただ、射程の長さもちょっとだけなら、軽2マーブ機には相変わらずきついが、重量級にはかなりのアンチになるかもしれない。

たぶん、重2は調整無しの可能性が高いと思う。あるとすればGAハイエンドの腕の運動性能が若干下がるくらいか。


7・1.3は硬さ対速さ対武器相性の勝負だったが、逆間時代の1.2のような勝負も中2で見受けられるでしょう。しかし、22000程度が限界でしょう。
逆間がどこまで、旋回を回復できるかは見物だと思う。
周りの脚部が1.3になってから強化され、1.4で中2・四脚も頭角を表わせば、逆間も1.2時代の能力でも問題ないかと思う。
他にも中2同士の戦いの場合は、背中武器に比重が掛かってくるので
背中武器の調整も見ものなところだと思う。



いやぁーコレコレ燃料投下で一気に盛り上がってきましたね。

HOME
copyright © 2005 ACPOT all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
ACPOT4=DOKUDAMI


?タイトル一覧表示
いっとく?
?最近の突込み
?最近の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。