AC研究情報(ARMORED CORE for Answer):貴方にとってAC4の答えとは?
ACPOT4
?レイヴンカウンター
?カテゴリー
全記事一覧
ARENA-BATTLE7
AC4CCG1
BIT-STYLE11
新レギュ1.63
旧レギュ9
全般67
考察13
研究・動き方16
詰める技術3
サブアカ2
火力計算4
初〜中級7
基本的事項11
回避技術4
QB関連11
脚部*軽量14
脚部*中量4
倉庫1・データ5
画像3
動画7
動画企画大会2
対脚部攻略全般2
対逆間攻略4
対軽2攻略1
対中2攻略1
対重2攻略2
対タンク攻略3
対四脚攻略1
多人数戦5
スタビライザー2
戯言18
武器:腕部11
武器:背中1
武器:肩2
エンブレム3
デカール1
レギュ案企画9
ミサイル関連5
Buzz-Style7
BFF-Style5
オート・マニュアル3
FCS1
脚部*四脚10
タッグトーナメント大会9
ACfA情報19
ミッション5
fAパーツレポ1
?レイヴンズリンク
?オフィサポ
?AC4適正武器分析
online名を入力

?AC4適正武器分析2

ONLINEネームを

?ブログランキング

FC2 Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[------]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20070325]

昨日少しやってて気づいたのだが
いくら空中ブーストが速いからといっても
詰める場合に、フワっと飛んで相手と交錯させようとしても
あまり効果がないのでは?と気付いた。

流石に、距離と速度の関係を数学上で解くなんて
恐ろしい真似なんかはできないが

例えば、相手がある一定の地点にいて
交錯させようとした場合

図1        図2   
   ←   
    ←
     ←
 ←●   ○   ←● ←←←○

どう見ても 図2の直線状で接近するほうが速い気がする。
直角三角形の辺の比率が3:4:5とかだったから
空中の場合5 地上の場合4ってことになる
速度が例え100キロアップしようが
空中に飛ぶという事は、高度が上下してしまい
その分距離のロスにつながってしまうのではないか?と

難しく推測してしまった。
素敵な突込みがありましたので訂正
地上と空中での詰めの距離差は無し
どちらの攻め方が現状で有利かを見極めて攻めるべし

高速マシンガンなどと対戦しているときに感じた事なのだが
やはり安易な空中戦は注意したいところだ。
スポンサーサイト

コメント

□ 3:4:5云々はまず当てにならないと思います^^; from ash

初めまして。まともに考察している珍しいサイトさんに巡り会えてほこほこしています。

早速、数値的に解いてみますね。
速度と距離の関係について苦手意識があるようですけど、普通に物理学で考えれば正比例関係にあるので速度とその向きだけ考えればとりあえず問題ないと思います。
前進速度と上昇速度が完全に共存できると仮定すると、ゲーム上で表記される速度は・・・(地上前進Bのみでの速度^2+垂直上昇時の速度^2)^(1/2)が理論値となります。これに離陸時のジャンプ能力による加速度が付加されますが、数値化し難いのでここでは省きます。(ジャンプ能力6000て単位はっ!?)
つまり前進速度600、上昇速度400で表記速度721で定常解としては実測値とほぼ一致します。(あくまでほぼ。過渡解は重量による加速度を考慮すれば求まりますがとりあえず必要ないので省きます)
証明終わり。
結論。前進速度と上昇速度が大体共存するので、飛んでも飛ばなくても平面的に詰められる距離はかわりません。

また、「逆関節が飛び上がる(ジャンプする)と250程距離が離れる」という表記をどこかで見ましたが、恐らくこれは被対象と同位置にいる場合の数値でしょう。平面上の距離が離れるほどこの250という数値が小さくなっていきます。計算形式は上記と同じく直角三角形の辺は(a^2+b^2)^(1/2)で簡単に出ます。

以上、本題を数値的に補足して報告しました。もし要望があれば省略した部分も計算します。

で、多少飛んでも距離的なデメリットはそう無いかと。エネルギー的には辛い分、その分位置取りや回避等優位に進められる点も。
根拠として飛びながら詰めるということは2箇所の通常ブーストを同時に使うことであり、高い平均速度で戦えるメリットがあるということです。
デメリットも多いので、確かに無闇な空中戦はアレですけどね。

追伸:ACのパラメータの数値解析ですけれど、各パラメータは単位系が不透明という理由から諦めた方も多いかと思います。ですけど各々の相対関係さえ分かればそれで十分なので、解析も十分可能なことと思いますよ。

2007-03-30(Fri) 09:27 | URL | #c/NLJyRE [ 編集 ]


□ まってました! from ACPOT4

ashさん
最高です!スバラシイ!
なるほど、理論的には詰める距離は変わらないわけですね。

となると、距離を詰める目的として
コチラの武器の有効距離範囲内で相手の死角を
とれるチャンスのある距離にまで接近する事ですから
地対空で比較した場合、捕捉し難いと思われる
空中からの接近は攻めの手としてアリなんですね。
また、全方位に動けるという利点も含めて
攻め方も多様さが可能になるので、新しい動き方が
できるかもしれません。

逆間についての記述ですが、同位置についての距離です。
突っ込んだ場合に逆間がジャンプした場合ですね。
問題は、空中に飛ばれて補足が遅れてしまった場合
容易に距離をとられてしまう事が詰める側としては
非常にやっかいだなと考えています。

ですから、ある程度の距離が離れている場合でのジャンプは
クネクネ回避以外では大して問題ではないなと考えています。
それより問題は、上空に視点がいってしまうと、自分の機体が
たまにフワフワ飛んでいることなんですがね・・・

いやーーワタクシこういう建設的な意見大好きです!
感覚頼りの記事ですが、突っ込んでください!
アリガトウございます(^_^)

2007-03-30(Fri) 10:05 | URL | #- [ 編集 ]


□ 管理人のみ閲覧できます from

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007-04-03(Tue) 14:14 | | # [ 編集 ]



こっそりと告げ口をする

Top

http://ac4ac4.blog93.fc2.com/tb.php/29-2988de64
HOME
copyright © 2005 ACPOT all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
ACPOT4=DOKUDAMI


?タイトル一覧表示
いっとく?
?最近の突込み
?最近の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。